スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「山梨の連続強盗、俺たちがやった」 供述通り湖底から貴金属(産経新聞)

 平成19年に山梨県で発生した被害総額約1億6千万円の連続強盗事件をめぐり、窃盗容疑などで警視庁に逮捕、起訴された複数の男らが事件への関与を認める供述をしていることが14日、警視庁捜査3課への取材で分かった。同課が男らの供述に基づき甲府市の千代田湖を捜索したところ、供述通り奪われたとみられる貴金属の一部が発見された。警視庁は強盗事件との関連について捜査している。

 同課によると、男らは東京都、千葉県などで空き巣などを繰り返していたとされる日本人4人と中国人2人のグループのメンバー。昨年10月以降、窃盗容疑などで警視庁に逮捕、起訴されている。

 男らは「仲間の中国人とやった。売りさばけなかった貴金属は湖に捨てた」などと、19年に山梨県で起きた3件の強盗事件への関与を供述。同年1月には甲府市の貴金属店に4人組の男が押し入り、現金や貴金属が奪われており、被害は3件で現金計約1400万円、地金などの貴金属が1億4500万円相当に上るという。

 警察当局は平成18年以降に同県内で発生した事件についても手口が似ていることから他にも数件に関与したとみており、被害総額は2億円を超えるという。男らは共犯の具体的な名前などについて供述しておらず、警視庁が慎重に捜査している。

【関連記事】
牛丼店に2人組刃物強盗、数十万円奪う 山梨・都留
強盗殺人容疑で指名手配の男を逮捕 山梨の女性新聞配達員殺害
山形の新聞配達員絞殺 強殺容疑で男を指名手配
「焼きそば強盗」捕まる 山梨
強盗殺人容疑で再逮捕 山梨・韮崎の死体遺棄事件
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

元交際女性に「火付けたろか」医師が脅迫メール(読売新聞)
2新党、山梨で自民候補支援=平沼氏ら「反民主」で連携(時事通信)
グレーゾーンの看護業務の実態調査案など大筋了承―チーム医療推進WG(医療介護CBニュース)
<小沢前幹事長>菅政権を「支えて頑張れ」と原口総務相激励(毎日新聞)
「大バカ」火消しに躍起 首相が官僚ヨイショ(産経新聞)
スポンサーサイト

輸送車に放火後、自殺図る? =やけどで男重体―埼玉(時事通信)

 2日午前11時10分ごろ、埼玉県狭山市新狭山の市道で、埼玉りそな銀行の書類輸送車に、男がガソリンのような液体を掛け、火を付けた。輸送車に乗っていた警備会社社員2人は車外に逃れ、無事だった。現場に全身をやけどした男が倒れており、病院に運ばれたが重体。県警狭山署は、男が輸送車を襲った後、焼身自殺を図った可能性もあるとみて調べている。
 同署によると、輸送車が丁字路に差し掛かったところ、右方向から来た軽ワゴン車が前方をふさいだため、輸送車は停止。男は軽ワゴン車から降り、わめきながら輸送車に近づき、持っていたプラスチック製タンクからフロントガラスに向け液体をまき、ライターで火を付けた。 

【関連ニュース】
地裁敷地で焼身自殺図る=高齢男性が重体
男性警視が焼身自殺か=車に灯油、中から遺体

<福井新聞社>DVD無断複製で逮捕の記者を懲戒解雇(毎日新聞)
芦屋の主婦、バイオリン練習中の9歳娘を暴行(読売新聞)
社民・福島氏 内閣不信任案に同調も「反対はなかなか難しい」(産経新聞)
自民「痛い。鳩山首相のままの方がよかった」(読売新聞)
<鉄道事故>女性が「のぞみ」と接触、左腕切断 JR尾道駅(毎日新聞)

虐待はどんな傷を残すのか(4)児童養護施設の夜(産経新聞)

 ■怖い夢「ママが来る」

 真っ暗な板張り廊下に幼子の泣き声が響いていた。北関東の田園地帯にある児童養護施設。午後11時、幼稚園児の森田優斗君(5)=仮名=は怖い夢を見たのか大声を上げながら廊下へ出てきた。

 「大丈夫」。泣き声を耳にして4人部屋から起きてきた中学3年の少女(14)が小さな肩を抱き寄せ、あやした。優斗君は3人部屋へ戻り、やがて静かな寝息が聞こえてきた。

 この施設では5歳から18歳までの41人が共同生活を送っている。男性施設長(56)によれば、その7割は親の虐待から保護された子供たちという。

 優斗君は継父による心理的虐待を受けた。「お前なんかいらない」「なんでウチにいるんだ」…。

 心身の発達が遅れがちで、幼い顔つきは年長組には見えない。最近実母から電話があったものの、「もう切っていい?」とそっけなかった。

 小学1年の男児(6)も最近まで夜泣きがやまなかった。実母から身体的虐待を受けた経験を持ち、夜、泣きながらこう叫んで職員にしがみついてきたという。

 「ママが来る!」

 「ママに怒られる!」

[表でみる]児相の虐待相談件数、18年連続で増加

 ◆足りない受け皿

 厚生労働省によると、児童養護施設などの施設や里親のもとで暮らす「社会的養護」を受けている子供は平成20年の調査で4万1602人。昭和36年以来47年ぶりに4万人を超えた。

 昭和30年代までは戦災孤児や経済的な理由で施設へ来る子供が大半だったが、平成20年の調査では全体の50・9%が「虐待を受けた経験がある」と答えた。

 虐待の急増に受け皿が追いつかず、都市部を中心に施設は満員状態になっている。北関東のこの施設も東京都から委託を受け、41人全員が都内の子供だった。

 小学6年の石川翔太君(11)=同=は実父から身体的虐待を受け、幼稚園の年長組だった5歳のときにこの施設へ来た。今も頭部に無数の傷跡が残る。

 足立区から来たといい、「東京、遠いね」とぽつり。家に帰りたいか尋ねると、「帰りたくない。パパが怖いから」と答えた。

 「施設は遊びも勉強も楽しいけれど、叩(たた)かれたことは忘れることはできない。たまに思いだす。自分がいらいらしたとき思いだす」

 ◆子供同士の虐待も

 子供たちがようやく寝静まった午前0時、男性職員(38)が児童の洗濯物を一枚一枚たたんでいた。

 児童養護施設は慢性的な人手不足だが、国の職員配置基準は昭和54年から31年間変わっていない。職員は「宿直は私1人。夜泣きする子供たちを寝かしつけるころには、空が明るくなっている。虐待による深い傷を負った子供一人一人に適切なケアをするには、あまりに不十分だと思う」。

 一方、施設職員が子供を虐待する「施設内虐待」は全国で年間十数件が報告されている。中部地方の県立病院に勤めるベテラン医師によると、中規模の児童養護施設で数年前、子供同士の性的虐待があった。調査したところ、35人ほどの入所児童で被害も加害もなかったのは2人だけだった。

 医師は「相関図を作ると男児から男児、男児から女児、女児から女児、女児から男児とすべての組み合わせの加害行為があった」。性的虐待を受けた子供が適切なケアを受けないまま入所してきて、その子供から加害が連鎖したという。

 都内の児童養護施設で施設長を務める黒田邦夫さん(57)は「かつて孤児院と呼ばれた児童養護施設は、そもそも虐待の傷を癒やす専門施設ではない。その矛盾が今、さまざまな面で噴き出している」と話す。

【関連記事】
母親の内縁夫の初公判は7月23日 西淀川女児遺棄致死事件
特養ホームで虐待や不明金 千葉市が改善命令
21年度、新たに15人を預け入れ 熊本・慈恵病院の赤ちゃんポスト 
虐待の傷跡…絵は叫ぶ「お母さん!」 確かな境遇への渇望
親から認められぬ子供 自分の価値が分からない
虐待が子供に与える「傷」とは?

ウイルスを使った架空請求摘発(産経新聞)
<訃報>梶木剛さん73歳=文芸評論家(毎日新聞)
NHK、受信料不払い者に初の強制執行(読売新聞)
「市場注視し対応を」=円高、株安で菅財務相に指示―鳩山首相(時事通信)
豪族の送霊船を描いた円筒埴輪など出土 京都(産経新聞)

広島少年院暴行、元法務教官に2審で猶予判決(読売新聞)

 広島県東広島市の広島少年院の収容少年に対する暴行事件で、特別公務員暴行陵虐罪に問われた元法務教官の田原克剛被告(44)(懲戒免職)の控訴審判決が13日、広島高裁であり、竹田隆裁判長は、懲役9月とした1審・広島地裁判決を破棄し、懲役1年4月、執行猶予4年を言い渡した。

 同事件では法務教官5人が同罪で起訴され、4人が1審で懲役9月~2年6月の実刑判決を受けていずれも控訴した。控訴審判決は今回が初めて。

勤務医の過剰労働是正を―2団体が要望書(医療介護CBニュース)
浅田真央らを表彰 文科省の五輪優秀者顕彰(産経新聞)
検察の判断に言及せず=鳩山首相(時事通信)
アスリート支援企業に初の表彰制度=目指せメダリスト増―文科省(時事通信)
医師も参加し路上喫煙禁止の啓発(産経新聞)

B型肝炎訴訟、和解協議へ=勧告受け最終調整-政府(時事通信)

 集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者らが国に損害賠償を求めたB型肝炎訴訟で、政府は6日までに、裁判所の勧告を受け入れ、和解に向けた協議に応じる方向で調整に入った。近く関係閣僚で協議の上、最終判断する。
 ただし、政府内には財源問題を中心に慎重論があるほか、原告側との条件面の話し合いが難航する可能性もあり、一気に解決に向かうかは不透明だ。
 厚生労働省はB型肝炎患者・感染者を110万~140万人と推計。このうちの予防接種による感染者数は分からず、長妻昭厚労相は訴訟の影響を「戦後最大級の規模」としてきた。
 集団訴訟は2008年3月以降、計420人が10地裁に提訴。国側は因果関係が不明などとして全面的に争っていたが、札幌、福岡両地裁が今年3月、相次いで和解を勧告。大阪地裁も翌4月、和解による解決を促した。 

携帯で殴る、つまようじで刺す…修学旅行で生徒にけが 法政大中高の体育科元教諭ら2人書類送検(産経新聞)
<もんじゅ>ナトリウム温度が一時上限値超え 警報が作動(毎日新聞)
物置に女性遺体、遺棄容疑で前夫を逮捕(読売新聞)
パロマ中毒事故 元社長らに有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
リース会社を初集団提訴 ホームページ制作契約、相談100件超(産経新聞)
プロフィール

むかいあつしさん

Author:むかいあつしさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。